ブログ

パートナー(夫や妻)に投資の必要性を理解してもらうために必要なこと

お金は大切。

生活を営む上でも老後のためにも必要不可欠なものという認識は、どんな人も共通してもっているものと思います。

 

でも、そのお金をどのように

  • 得て
  • 貯めて
  • 増やすか

 

は、その人の親の価値観や育ってきた環境や経験の蓄積、歩んできた人生によって、大きく異なります。

 

時々、

 

妻(または夫)に投資の必要性をわかってもらうには、どうしたらいいですか?

 

といったご質問をいただきます。

 

これに対するわたしの答えはほぼ一貫していて、

まず、人生そして特に老後を迎えるにあたってお金が必要なことは、パートナーの方も認識されていると思います。なぜ、反対(もしくは非協力・無理解)なのかは感情的な問題です。つまり、「不安」や「不信・不審」「めんどくさい」などの負の感情があるからで、その感情が湧く原因をあなたが理解し、解消に努めることが大切です。そのためのご参考となる資料や考え方は提供できる分はさせていただきます。

 

というものです。

 

 

実際、根気よく妻と話す機会を少しずつ増やしていき、

30代男性

これまで運用に興味がなかった妻にも、運用見積り(イラストレーション)を見せることで、資産が増える流れや時間軸を実感させることができ、今後の資産形成に協力が得られやすくなりました。

 

として、香港の保険に加入された方が他にも何人もおられます。

 

 

ご相談いただければ何かお役に立つことができたり、資料や情報のご提供ができたりするかもしれませんので、お問い合わせくださいね!

 

記事や商品内容についてのお問い合わせは、facebookグループかメルマガにご登録いただくとスムーズです。

限定記事閲覧とイラストレーション(設計書)はご登録されている方に限らせていただいております。

 

 

1)facebookの秘密のグループメンバーになる

2)メルマガにご登録いただく

 

1)facebookグループメンバーへの登録

facebookグループでは香港の保険の情報の他に、お金や資産形成について学びとなる情報を発信しております。

step
1
FBにメッセージと共にお友達申請をください。 メッセージで、「秘密のグループメンバー登録希望」と記載いただくとスムーズです。(私のFB:https://www.facebook.com/takeshi.kusano1

 

step
2
秘密のグループにご招待申し上げます。

 

2)メルマガへの登録

以下からご登録ください。

将来の安心を構築する上で香港にはいい商品がたくさんあります。ただ情報が少ないのでいろいろ不安なことや誤解を生むような情報、わからないことも多いと思うんです。 香港の保険について情報やよくある質問の回答をメルマガで送らせていただいております。「お金のことを考える」ことによってマネーリテラシーが向上したり、人生の幅が広がったりするような情報の提供を心がけています。よかったらご登録ください(登録無料)

メルマガ登録はこちらから(無料)

 

@docomo、@ezweb、@softbankなどのキャリアメールは届かないので登録不可とさせていただきます。
また、@icloud、@hotmail は迷惑メールフォルダに入ってしまうことが多いので、フリーメールの場合はできる限りgmailかyahoo mailでご登録ください



価値観を変えるのは困難

ここからはちょっと本音の部分なのですが、

 

基本的には

本音

投資や運用など、お金の取り扱い方に対する価値観や考え方を変えるのは、もともとその素養がない限り非常に困難。

 

だと思っています。

 

「三つ子の魂 百まで」といった諺があるように、幼い頃から親やそれに変わる役割の大人から、直接または間接的に言葉や行動である意味「洗脳」されて培われた価値観(=思い込み)は、ちょっとやそっとで変わるものではありません。

 

人は感情の生き物

今までに培われてきた価値観は、その人のアイデンティティと言ってもいいので、それを変えさせようとすることは、その人の今までの人生を否定することになりかねません。

 

人とのコミュニケーションにおいて最も愚かなことは、感情を理論でねじ伏せようとすることです。

 

理論的に考えればおかしなことも、感情や欲望でやってしまう・・・ (もしくは、やらない)ということは多々あると思います。

 

体に悪いとわかっているのに缶コーヒーをやめられない。

言ったら相手が不機嫌になるとわかっているのに、つい 言ってしまう。

 

なども、感情的な行動の一つです。

 

 

人は、感情がうまく処理されてはじめて行動できる生き物。

 

 

つまり、極めて感情的な生き物でであるということを、心底理解しておく必要があります。

 

投資や運用に反対する理由は、その人のお金に対する価値観や思い込み、自分ではなく他人の経験や体験、一般的な(偏った)情報によって形成される不安や恐怖、不信・不審な感情です。

 

そこがうまく処理されて、はじめて価値観に変化のきっかけを与え、行動につなげることができます。

 

人はいくらでも変わることができる

ただし、価値観というものは遺伝子情報ではありませんし、その人自体の仕組みでもありません。

 

後天的に植え付けられ、培われたものですから、それらを書き換えることは可能です。

 

つまり、人はいくらでも変われるということです。

 

 

ただし、そこには、その人に影響を与える人(←つまり あなた)や物に対する信用や信頼、安心などが必要です。

 

 

投資は不安だけど、あなたを信じるわ!

 

と言って投資や運用を始め、銀行に預けておくだけだった時との違いを実感し、2本目、3本目と保険を契約し、外国株取引まで始めた方も、中にはおられます。

 

人を動かすための重要な要素

正そうとする前に、わかろうとせよ。

 

これから、資産を増やすと言うよりも「減らさない」「守る」ために投資や運用が必要な時代になっていくと思います。

 

だからと言って、投資や運用の必要性を理論立てて説得しても、無理な人には理解してもらえません。

もし、パートナーが投資や運用に対して反対したり理解しようとしてくれないなら、その人が持つ価値観や感情面に配慮して、その人自身を解ろうとしてあげてくださいね。

 

議論や説得では、うまくいかない。

うまく行かないどころか、喧嘩になったり険悪になって楽しくなくなってしまいます。

 

大切なことは、相手の価値観や考え方を解ろうとし、大切に思っていることを解ってもらうこと。

 

信用や信頼を積み上げていくことです。



-ブログ

Copyright© 香港オフショア保険投資入門ガイド , 2020 All Rights Reserved.