ブログ

オフショア香港の保険を持つことで負う税金や金利、為替以外のリスク

投資、特にオフショア投資というとどうしても金利や為替など、お金そのもののリスクに目がいき、意識しがちです。

 

でも、もう一つ意識しておくべき リスクがあります。

 

長期投資のお金以外のリスク

あまり投資そのものに興味があるわけではない人は、インデックスやオフショアの保険がいいと思います。

 

特に、インベスターズトラストのS&P500 Index は、15年プランなら投資元本の140%、20年プランなら 160%の保証がありますし、香港の保険商品なら時間が経過すれば元本を上回ることが確実で、安心です。

 

▶︎ インベスターズトラスト S&P500インデックス商品概要(ご覧いただくにはパスワードが必要です)

 

長期の投資において、日本国内にはなかなか良い商品がないのが実情です。

そこで香港など海外を活用するわけですが、契約したらある程度ほったらかしで良いために楽な反面 リスクがあります。

リスクは出口で露呈する

それは、かなり先になるであろう満期や解返戻金、被保険者が亡くなった時の保険金の受け取りの時に露呈します。

 

契約の時は親切にあれこれアドバイスをくれたり手伝ってくれた人も、契約が完了するとやがて疎遠になり連絡先がわからなくなり・・・ ということは、よくあるようです。

 

投資は自己責任であることは間違いないので、投資商品を契約した以上 自分自身がしっかりすべきなのは当然です。

 

でも、「自分一人でなんでもやらなくてはいけない」のではなく、適切に助けを借りることが大切です。

 

解約や保険金受け取りの時はもちろんですが、何かちょっとした質問や疑問に対して、気軽に聞ける人を持ち、関係を築いて継続しておくことは、とても重要と思います。

 

また、あまり考えたくないですが自分自身が突然亡くなった時に受取人が手続きしやすいように、契約内容や万が一の時の連絡先や連絡の仕方などは、紙で残しておくべきと思います。
私を通じて香港の保険を契約された方は、受取人の方にぜひ私の連絡先を伝えておいてくださいね。

-ブログ

© 2021 香港オフショア保険投資入門ガイド