ブログ 投資・運用

ご夫婦とも「賛成!」はあまりない 香港オフショア保険

更新日:

こんにちは。 香港の保険の利回りの良さに気がつき将来のために運用開始。その経験や学びをブログにしています。資産形成や運用を検討されている方に、お役に立てれば幸いです。

 

ブログを通じてお問い合わせいただく方は既婚者の方も多いのですが、ほとんどの場合はご夫婦揃ってオフショアで投資・運用することに賛成であったり、積極的であったりすることは、ほとんどありません。

 

「夫や妻を説得する方法を教えてください」といったご質問をいただくことも、時々あります。

 

信用がすべて

オフショアで投資・運用することに積極的でない方も、ほぼ間違いなく全ての方が、

「将来のために、ただ貯金するだけではダメなんだろうな・・・」

ということは感じておられるようです。

 

日本の銀行の定期預金や日本で販売されている保険商品での資産形成と比べると、圧倒的に利回りの良いオフショアですが、それは利回りに課税されない複利運用ができることと、そもそも商品のコンセプトや収益構造が違うため。

 

反対される方のほとんどはそういったことをご存じなく、また、なんとなく「日本が一番」と思っている人がほとんどです。

 

また、ブログやSNSを通じて知った人や情報でお金のことについて何か行動するということに、抵抗を感じるという方も多いと思います。

 

夫や妻を説得する方法

男性が反対する場合で多いのは、

  • 考えたくない(考えるのが面倒)
  • なんとなく自分の価値をお金に換算されているようでプライドが許さない
  • 自分が知らなかったことを妻に言われるのがいやだ

などというつまらない理由(笑)が多いように思います。

 

日本の銀行定期預金金利や保険利回りと香港の保険の利回りを比較するデータを用意しておく。コツとしては、「ほら!香港の方が圧倒的に資産形成できるでしょ!」などと言わずに、「どうして香港はこんなに利回りがいいの?」などと教えてもらう方向で話を進めていくと、自分の中で納得が形成されるのか、だんだん夫のほうがむしろ積極的になっていきました!

 

とおっしゃる方もおられます。

 

女性は

  • なんとなく不安
  • なんとなく心配

という方が多いので、

 

将来や老後の不安や心配を軽減するために必要だということを、イラストレーションを見せながら資産が増える流れや時間軸を実感してもらえると効果的。例えば、70歳から年金をもらうとして、それまでに2000万貯めたいよね?そのために毎月10万づつ貯金しなきゃいけないけど、これ(香港の商品)を活用すれば毎月7万づつ程度で大丈夫だよ!

 

などといった感じで、

  • 具体的にイメージを持ってもらうこと
  • 万が一の時でも日本語でサポートしてもらえること

 

など、不安ごとや心配ごとを解消できることが重要なポイントだとのことでした。

なんといっても信用

夫に対してはプライドを傷つけないように、データなどを元にしつつ「教えてもらう」姿勢が重要です。

妻に対しては不安の解消と安心の醸成に重点を起きつつ、必要性をわかってもらうことが重要です。

 

とはいえ、

何より重要なのは、「信用」そのもの。

 

どこから情報を仕入れ、その情報を発信しているのはどんな人か・・・ ということが、とっても大事。

 

そして、急に保険や運用・資産形成の話をしてもダメなので、日々少しずつでもお互いのライフプランを考える機会を作っておくことができたら、なおいいなと思います。

資産形成はじっくりと時間をかけて行うもの。

反対されたとしても、その説得にかかる時間も、資産形成の重要なタイムラインです。

 

焦らず、ゆっくりとお話しされる機会を持たれたらいいなと思います。

 

香港には日本では考えられないような利回りの保険があります。ただ、私自身もそうでしたが、情報が少ないのでいろいろ不安なことやわからないことも多いと思うんです。 香港の保険について情報やよくある質問の回答をメルマガで送らせていただいております。よかったらご登録ください(登録無料)

メルマガ登録はこちらから(無料)

記事内容について

このサイトは私自身の経験に基づく情報提供のみを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。また、投資上、税務上、法務上の助言を提供するものではありません。

-ブログ, 投資・運用

Copyright© 香港オフショア保険百科 , 2019 All Rights Reserved.