オフショアとは

オフショアとは

オフショア(offshore)とは、「off(離れて)」と「shore(沖)」という意味から、国または本土から遠く離れた地域(海外)のことをいいます。

金融用語では、非居住者(外国人)に対して、「租税環境を優遇している国または地域」を指す意味で使われています。

 

オフショアとされる国や地域では、歴史的な経緯や環境的な事情などから、外国の投資家や企業の資産管理を積極的に受け入れるために、金融面や税制面において合法的優遇措置のある特別金融区を設けています。

また、この区域においては、投資や事業によって得た収益に対して税金がかからない(または、極めて低率な税制)などのメリットがあるため、別名で「タックスへブン(租税回避地)」と呼ばれることもあります。

 

オフショアを活用する

オフショアは、世界中の企業や資産家(富裕層)などが活用しており、魅力的な金融商品、安全性や安定性、守秘性や保護、非課税といった点で資産の運用先としてメリットがあります。

 

その一方で情報が非常に入手しにくく、わたしたちのような一般の人はなかなか知ることができない側面があります。

 

ただ、オフショアを活用できるのは富裕層だけに限りません。

中には、「租税回避」という言葉のイメージから「ずるい」とか「よくないこと」と言った印象を持つ人もいますが、それは一つの考え方。

法律さえ守っていれば何も問題はありません。

 

主なオフショア

オフショアは独自のオフショア金融センターを備え、先進国並みに法制度を整え、政治や経済も安定しているところがほとんど。

以下は、その代表的な地域です。

アジア・太平洋・アラブ 香港 マカオ シンガポール  セイシェル ドバイ など
ヨーロッパ・地中海 マン島 ジャージー島 ガンジー島
モナコ ルクセンブルグ リヒテンシュタイン など
大西洋・カリブ ケイマン島 ヴァージン諸島 バハマ バミューダ ネーヴィス など

 

お金持ちがこぞってシンガポールやドバイ、マン島、ケイマン島などに資産を持つ理由の一つがオフショアだからです。

 

私たちが活用できるとすれば、香港が一番現実的だと思います。

 

オフショアを活用するメリット

資産家、富裕層ではないとしても、オフショアを活用するメリットは大きなものがあると考えています。

 

わたしたちが活用できるオフショアのメリットは主に3つ

  1. 日本に比べてはるかに素晴らしい利率・利回り
  2. 外貨建て投資資産を確保できる
  3. 満期後に海外に外貨を確保できる


だと思っています。

 

ただ、日本で銀行に定期預金をするよりは少し手間がかかったり、必要な書類が多かったりします。

また、私たちが知っている仕組みとは違う場合も多いので、このサイトではメリットばかりを強調するのではなく注意すべき点もしっかりと書き、参考にしていただけるよう心がけています。

 

わたしが最初に契約したオフショア

将来の資産形成の必要性を感じ、実際に行動したのは実は遅くて、2015年の1月でした。

ほぼ日帰りという日程で香港に行き、HSBC香港 に口座開設しました。

 

「さぁこれからしっかり資産形成していくぞ!」

と思っていたのですが、様々な事情から ほぼほったらかしの状態になっていました。

 

しかし、それから3年後の2018年4月、ようやく FTライフ社のリージェント・プレミア2 という保険商品の契約をし、オフショアでの資産形成をはじめました。

 

このサイトでは、その経験やその後に学んだことなどを書いています。

これからオフショア保険や積立てで資産形成していこうと考えている方にとって、参考になるサイトを目指しています。

 

 

投稿日:

Copyright© 香港オフショア保険百科 , 2019 All Rights Reserved.