ブログ 商品概要

サンライフ ヴィクトリーとFTライフ リージェントプレミア2との比較

2020年9月25日

2020年8月の発売以来 人気のサンライフ ヴィクトリー。

それ以前から人気が高いFTライフ リージェント プレミア2。

 

サンライフとFTライフの人気商品 ヴィクトリーとプレミア2を比較してみたいと思います。

 

なお、それぞれの商品概要は下のリンクからご確認ください。

 

▶︎ FTライフ リージェントプレミア2


▶︎サンライフ ヴィクトリー

サンライフ ヴィクトリー FTライフ リージェントプレミア
プラン 5年・10年 2年・5年・10年
全期前納 5年プラン:可
10年プラン:不可
2年プラン:可
5年プラン:可
10年プラン:不可
契約年齢 5年全期前納:0〜80歳
5年プラン :0〜70歳
10年プラン :0〜65歳
2年プラン:生後15日〜75歳
5年プラン:生後15日〜75歳
10年プラン :生後15日〜70歳
最低保険料 5年プラン :年額3000米ドル〜
10年プラン :年額3000米ドル〜
2年プラン:年額4500米ドル〜
5年プラン:年額3000米ドル〜
10年プラン :年額3000米ドル〜
契約期間 被保険者が120歳まで 被保険者が128歳まで
通貨 米ドル 米ドル・香港ドル
契約者の変更 信託期間が過ぎれば何度でも可能 信託期間が過ぎれば何度でも可能
被保険者の変更 信託期間が過ぎれば何度でも可能 信託期間が過ぎれば何度でも可能
被保険者の設定可能人数 2名 1名
信託期間 2年 1年
信託手数料 300米ドル なし
カード払い手数料 1% 2.2%

 

 

  • リージェントプレミア2には2年で払込みを終えるプランがある
  • ヴィクトリーでは、被保険者を2名設定できる

 

の違いがありますが、他はそれほど大きな違いはありません。

 

サンライフは信託期間が2年で、手数料が300米ドルかかりますが、保険料をクレジットカードで決済する際の手数料は1%です。

 

 

次に、

  1. ヴィクトリーの5年プランの年払い・一括払い
  2. リージェント2の5年プランの年払い・一括払い
  3. リージェント2の2年プラン年払い・一括払い

の、保険料総額 15,000ドル で、設計上の返戻金をそれぞれ比較してみます。

 

ヴィクトリー リージェント2 リージェント2
期間
払い方

(プラン保険料)
5年
一括払い

(15,000x1)
5年
年払い

(3,000x5)
5年
一括

(15,000x1)
5年
年払い

(3,000x5)
2年
一括

(15,000x1)
2年
年払い

(7,500x2)
保険料総額
*Levy含む
15,014.55 15,012.75 15,015.18 15,013.85 15、014.05 15、012.82
10年経過時
(内 保証額)
20、445
(12,000)
17,931
(9,486)
18,753
(9,567)
18,032
(9,199)
20,728
(11,387)
20,524
(11,275)
15年経過時
(内 保証額)
28,885
(15,105)
25、780
(12,000)
27,180
(14,939)
26,136
(14,365)
27,653
(15,319)
27,383
(15,169)
20年経過時
(内 保証額)
37,043
(15,900)
36,248
(15,105)
38,485
(15,353)
37,006
(14,763)
41,667
(16,255)
41,259
(16,096)

30年経過時
(内 保証額)

72,676
(19,500)
70.667
(17,491)
77,219
(16,778)
74,252
(16,134)
85,623
(19,387)
84,783
(19,197)

 

 

返戻金は、1)確定した保証額 + 2)非保証の利回り + 3)解約時返戻金 で構成されています。

 

保険料総額が同じなら、短期間・一括払いにしたほう(つまり2年プランの一括払い)が、期待される利回りは大きくなります。

 

 

-ブログ, 商品概要

© 2021 香港オフショア保険投資入門ガイド